月経不順と病気について

横浜市の田渕レディスクリニックです。田渕レディースクリニック
今回は月経不順と病気についてお伝えします。

◆月経不順になったら放置しないで


月経不順に関して、妊娠の予定がないから月経不順でも問題ないと思っていませんか?月経不順を放置すると、がんになりやすくなったり、骨折しやすくなったり。女性の健康や美容を損なうことがあります。

初月経が始まった直後しばらくは多くの人が月経不順です。10代のうちであれば体が未熟なので、月経は不安定なことが普通です。20代になると落ち着いて規則的になります。20歳から45歳ころまでの間に月経不順がある場合は注意が必要といえます。

月経不順の影響

月経はホルモンの分泌によってコントロールされていますが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンはストレスなどで分泌の低下が起こり、月経が止まってしまう場合もあります。
月経不順で年にわずかな回数しか月経が来ないのは、月経のわずらわしさもなく、今すぐ子供がほしい訳ではない、もしくは妊娠の予定がない人にとっては月経不順でも構わないと思う人もいるでしょう。
ですが、エストロゲンには妊娠以外にも女性の健康や美容に深く関係があります。
・肌のハリを保つ
・骨を丈夫にする 
・コレステロールの上昇を防ぐ
・動脈硬化や糖尿病を予防する
・気持ちを落ち着かせる
・夜しっかり眠れる
これらはエストロゲンがかかわっており、エストロゲンが少ない状態では健康や美容を維持できません。

月経不順の原因には腎臓や肝臓、下垂体の主腫瘍、甲状腺などの病気が原因の場合もあるので、その場合には早急に治療をしなければなりません。
月経不順が続いている方は放置せずに、クリニックを受診して、原因の特定と適切な治療を受けるようにしてくださいね。

PAGE TOP