月経痛の悪化の原因

横浜市の田渕レディスクリニックです。今回は月経痛の悪化する原因についてお伝えします。田渕レディースクリニック

◆原因や痛む場所は人それぞれ
月経痛は人によって痛む原因や場所、痛みの度合など、その時々で異なります。排卵は通常左右の卵巣から交互に行われますが、その時のホルモンの状態によって経血量が異なり、痛みや症状の程度もその都度変わります。
子宮内膜症や子宮筋腫といった病気がないのに痛みがある状態を「機能性月経困難症」といいますが、機能性月経困難症は月経時の子宮の収縮、ホルモンバランスの 乱れによる骨盤内のうっ血、全身の血行不良、ストレスといったことが原因で痛みが増します。また痛む場所もお腹だけでなく、腰や頭が痛むようになる場合があります。
ほかにも10代は頸管部という部分が未成熟で細いため、経血を押し出すときに強く痛みます。これは体の成熟とともに痛みは軽くなっていきます。
20代では子宮内膜で作られる子宮を収縮させる働きのあるホルモン「プロスタグランジン」の分泌が過剰になることが原因で、子宮の収縮が頻繁に起こり痛みを引き起こしてしまいます。

月経痛はお腹以外にも◆改善
痛みを素早く改善するためには、鎮痛剤や低用量ピルや、漢方薬といった薬物による治療がおすすめです。
鎮痛剤は痛みが出る前に飲むことで効果を発揮するので、痛みを我慢せずに服用するようにしましょう。
低用量ピルは月経痛の原因である子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌を抑えることができ、経血量を軽くすることで痛みを緩和することができます。
漢方薬には様々な種類があり効能も様々ですが、体の冷えや血流の改善、ストレスによるイライラなどの精神症状を抑えることもできます。
症状の度合によって治療内容は異なりますので、まずはクリニックに相談するようにしてください。
また薬物による治療に加えて、日常生活でも食事に気を使うようにし、お風呂では湯船に浸かって体を温めるようにする、リラックスした時間を作るといったことを意識し、月経痛を悪化させない体づくりを心がけるようにしましょう。

PAGE TOP