萎縮性腟炎について

横浜市の田渕レディスクリニックです。田渕レディースクリニック
今回は萎縮性腟炎についてお伝えします。

◆萎縮性膣炎とは
萎縮性膣炎は閉経によって女性ホルモンが低下することで膣や外陰部に炎症が起こる症状です。
女性ホルモンには様々な役割があり、膣の粘膜にうるおいを与える、自浄作用により膣内部をきれいに保ち、細菌から膣内を守る働きがあります。しかし閉経とともに女性ホルモンは徐々に分泌量が少なくなり、膣内の粘膜の乾燥や萎縮から炎症が起こりやすくなるほか、自浄作用が低下することで細菌に感染しやすくなるため、症状がさらに悪化する場合もあります。
閉経による乾燥萎縮性膣炎の症状には閉経後の乾燥による膣や外陰部のかゆみ、性交痛、頻尿、出血などがあります。日常生活の軽い動作による刺激であっても、乾燥のせいで皮膚や粘膜にびらんや潰瘍ができやすくなります。また、性交時に強い痛みを伴うこともあります。

◆治療・予防
一般的に治療は膣錠や内服薬による薬物療法になります。適切な治療を行うことでおよそ1~2週間ほどで症状の改善が見込めます。
ですが、日常的に刺激を受ける部位であることから、症状が改善した後も時間の経過とともに再発する場合もあるので、その場合は再度治療を受けることが必要になります。
また、膣の自浄作用が低下していることで症状が悪化するので、普段から外陰部を清潔に保つよう心がけるようにしましょう。

適切な治療を行うことで萎縮性膣炎は改善が見込めますが、子宮がんなどが原因で同じような症状が出る場合もあるので、症状があらわれた場合には早めにクリニックに相談するようにしてください。

PAGE TOP