おりものと体調の関係について

横浜市の田渕レディスクリニックです。
今回はおりものと体調の関係についてお伝えします。田渕レディースクリニック

◆おりものとは?
おりものは体の中から「おりるもの(下りる物)」という意味で、女性ホルモンによって子宮、膣内、外陰部から分泌された液体が、外に排出されたものを言います。
おりものには膣内部の潤いを保ち、細菌が膣や子宮へ侵入し繁殖するのを防ぐといった自浄作用や、排卵期の受精の手助けをするといった役割があり、女性の体にとって大切な働きを担っています。
健康な時であっても、おりものは生理周期に伴い量や状態が変化しますが、体調や女性器に異常がある場合にも量や色、匂いに変化が起こるので、普段から注意しておくようにしましょう。

●健康な状態のおりもの
健康な場合のおりものは、透明で卵の白身のようになっており、乾くと黄色または褐色になります。匂いはほとんどありませんが、甘酸っぱいような匂いがする場合もあります。量は1日下着を替 えずにいても平気であれば、正常な範囲といえます。

●注意が必要な状態のおりもの
月経直後ではないのにおりものに黄色や茶色といった色が混じっていたり、普段とは異なる悪臭がする場合や、下着を替えないと不快になるほどおりものの量が多いといった場合は、病気の可能性も考えられます。

おりものでわかる体調◆おりものでわかる体調
病気によっておりものが変化する場合もありますが、体調が悪い場合にもおりものには変化が現れます。不規則な生活やストレスなどによって卵巣の機能が低下すると、膣内の自浄作用が弱まり、膣内に炎症が発生する場合もあります。
もしも急におりものの量が増えたと感じた場合には、疲れやストレスから体が不調を訴えていると思って、ゆっくり休養するようにしましょう。それでもおりものの異常が長引く場合には、早めにクリニックを受診するようにしてください。
また、性感染症によっておりものの量が増えるといった症状が出る場合もありますので、心当たりがある場合には早急に検査を受けるようにしてください。

PAGE TOP