夏の疾患「とびひ(大人の場合)」

横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 incho
今回も夏に流行る疾患についてご案内いたします。今回は「とびひ」についてご案内いたします。

「とびひ」といえば代表的な子供の夏の病気、というイメージがされがちです。
しかし、とびひの中には子供よりも大人の方がかかりやすいく、子供の場合よりも重症化するものがあります。子供に多く見られるとびひと大人がかかるとびひに違いがあります。

2種類のとびひkin_kabi
とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹」とよばれ、いわゆる細菌感染症です。そしてこの中でも最近の種類や症状によって2種類に分かれます。
水疱性膿痂疹・・・水ぶくれができ子供が感染しやすい
痂皮性膿痂疹・・・膿・かさぶたができ大人が感染しやすい
に分けられます。

大人が感染しやすい「痂皮性膿痂疹」
痂皮性膿痂疹の原因菌は、主にA群β溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、子供より大人に起こりやすい病気です。
症状をみると赤くなって膿を伴い、厚いかさぶたを被った炎症などの腫れがみられます。発熱、リンパ節の腫脹、咽頭痛などの全身症状がでることもしばしばあり、重症化すると、まるで、猩紅熱のように、全身が真っ赤になることもあります。

手洗い感染経路としては細菌や膿が皮膚に付着することにより感染します。感染者との直接的な交渉はもちろん、感染者が触れたドアノブや手すりなどからも細菌が付着し、弱っている皮膚組織などに触れれば感染していまします。特に、アトピー性皮膚炎の人は注意が必要です。
とびひは立派な細菌感染症ですので、ご家族に感染しないようにも注意が必要です。
・皮膚を清潔にして、菌の数を増やさない。
・入浴やシャワーを使ったあとの浴室は、きれいに清掃する。
・手洗いは、患者だけではなく家族全員がしっかり行う
・家族間でタオルは共有しない。

治療について
とびひの市販薬(塗り薬)は薬局で取り扱っていますが、子供用と大人用では原因菌に違いがあり、特に大人にみられる痂皮性膿痂疹の場合では、原因菌の退治に抗生物質の飲み薬も必要となり、塗り薬では効果が期待できません。
大人のとびひかな?と感じたら、すぐに医療機関に受診してください。

PAGE TOP