夏の疾患「冷房病(クーラー病)」

incho横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 今回も夏に流行る疾患についてご案内いたします。今回は「冷房病(クーラー病)」についてご案内いたします。

冷え性と冷房病の違い
以前の記事で冷え性についてご案内いたしましたが、実は冷え性と冷房病は違うものです。
冷房病は、冷房が強く効いた部屋に長時間いた後に気温の高い外に移動し、その高気温に体がさらされる、という事を繰り返した時に発生します。
人間の体温調節を司る自律神経に不調が起こる為に様々な不調が体に起こるのです。

冷え性は、体は寒さを感じていないのに、手先や足先などの末端部に冷えを感じる症状を指し、体の末端部に冷えを感じる症状の原因は血液循環の悪さです。

145279冷房病の症状
夏に注意しなくてはいけない症状の代表格といえば熱中症や夏風邪があがってきます。
特に熱中症は、夏の炎天下で作業をすることはもちろん、室内でも状況により発症いたします。防止策のためにも冷房(クーラー)は必要となってきます。

冷房により体を冷やしているときは、体内ではどのような状態になっているのでしょうか。
そもそも人体は「夏は血管が大きく開いて熱を逃がそう」とし「冬は逆に血管が小さくなり熱が逃がさないように」してくれています。

145277限度を超えた冷房によって冷却された人体は冷えきってしまうので、熱を逃がさないように血管を小さくします。ところが冷房のの効いた部屋から一歩でると、ものすごい暑さが体を襲ってきます。この急激な温度差によって、自律神経が乱れてしまうのです。
自律神経の乱れは全身にさまざまな症状が起こします。
そのなかでも多いものは、肩こり、腰痛、胃腸障害、便秘、下痢、生理痛、生理困難、生理不順、頭痛、不眠、イライラなどです。

冷房病への対処
一番いいのは、冷房をつけなくてもいい涼しい場所で、過ごすことですが現実的には厳しいと思います。冷房の設定温度も28℃が一番いいと言われていますが、職場等ではまわりの人との兼ね合いもあり自分から進んでできる対処とも言い難いです。

269814少しでも筋肉の硬直を感じたり、少し頭痛や肩こりを感じた場合は、すぐに軽く体を動かしたり一旦外に出てみたりしてください。
そして大事な事がその日の疲れをしっかりとる事です。
体だけでなく精神的にも、自律神経を正常な状態に保つのにも繋がります。
夏はシャワーで済ます方も多いですが、しっかり湯船につかっていただき疲れをとってくださいね。

PAGE TOP