低用量ピルについて

横浜 の皆さま、こんにちは!!incho
田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。

今回は低用量ピルについて、ご案内させて頂きます。

ピルに関しては、今までにも何度かご紹介してきましたが、やはり国内ではピルと聴くと避妊薬というイメージが強い人がまだまだ多く、諸外国に比べ日本ではまだ普及していません。低用量ピルは月経痛の緩和など、女性にとって生活を改善するお薬なのです。

西欧諸国では一般的な低用量ピル西欧諸国
日本では、「ピル=副作用が強い」という印象を持っている人が多いのが現状で、有効に活用している人は少ないです。実際に普及率は2~3%程度と低く、西欧諸国では成人女性の30~40%が服用している点と比べても、その普及率の低さは明らかです。
低用量ピルは、他の先進国では、20~30年前から普及していますが、日本では1999年から解禁となりました。この低用量ピルは、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した薬で、避妊薬としてだけでなく、月経による不快症状を改善させるさまざまな効果があります。
月経痛の強い人、経血量の多い人、仕事などで月経周期をコントロールしたい人など、いろんな人に有効に作用し、子宮内膜症の治療薬としてピルが使われることもあります。

 

ピルを服用するには医院で相談
低用量ピルは婦人科を受診し、医師に処方してもらわないと購入することができません。費用は保険が適用されないため自費となります。金額は病院、クリニックにより多少の違いがあります。21錠タイプと28錠タイプがあり、決まりに従って飲み続けます。

ピルを処方してもらうためには、問診、血圧や体重の測定などをし、医師から飲み方などの説明を受ける必要があります。
人によっては飲み始めの頃に頭痛やむかつき、不正出血などのマイナートラブルがありますが、飲み続けると症状はおさまることがほとんどです。
不安なことは医師に相談し、上手に低用量ピルを生活にとりいれていくとよいでしょう。

PAGE TOP