女性の悩みのトップクラスに君臨する「便秘」

incho横浜 の皆さま、こんにちは!!
田渕レディースクリニック院長の田渕です。
今日は、お悩みの方も多いと思われる「便秘」についてをご案内させて頂きます。

 

排便が毎日なくても気にしない?
便秘かどうかは毎日の排便を目安にしがちですが、それにこだわる必要はありません。

排便がなくて苦しい3日に1回しか排便がなくても、無理なくスムーズに出るようであれば、それは便秘ではありません。
逆に毎日、排便があっても苦痛をともなったり、おなかの張りを感じたり、残便感があるようでしたら便秘です。
便秘の原因として、腸などの病気の可能性もありますが、そのほとんどが腸の機能低下によるものといえます。便秘が続くと不快だけでなく、腹痛、食欲不振、吐き気、頭痛、イライラ、吹き出物、肌あれなどのトラブルも生じます。しかも、肥満や痔の原因にもなります。便秘をしやすい生活習慣を見直し、積極的に改善していきましょう。

治療・アドバイス
食事は一日3回、規則正しくとります。その上で意識して、食物繊維の豊富な野菜や海藻類をたっぷりとると、便が軟らかくなり、量も増えて排泄しやすくなります。同様に適量の油も腸での潤滑油となり、便を出やすくする効果を高めます。排便を促す合図として、起床後にコップ1杯の水を飲むのも効果的です。
排便ができてすっきりまた、起床後に軽い体操をし、全身を動かすことにより、腸を活性化させて排便を促す効果があります。便意の有無にかかわらず、朝食後には必ずトイレに行くように習慣づけることも大切です。この習慣をくり返すうちに便意も規則的に起こるようになり、排便のリズムが整うようになります。生活習慣の改善で解消していきましょう。
それでも便が出なくて苦しいときは、一時的に下剤を使用するのもやむをえません。医師や薬剤師に相談し、自分に合った薬を処方してもらいましょう。
なお、旅行先や試験前など生活環境の変化によっておこる生理的便秘は、一時的なものなので心配いりません。

こんな便秘は要注意
便秘の原因の中には、ほかの病気が潜んでいる場合があります。
たとえば、慢性腸炎、腸閉塞、直腸がん、結腸がん、大腸憩室症、肝臓障害、すい臓障害などの病気が便秘を招いていることがあり、子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮後屈などの婦人病でも、腸が圧迫されて便秘になることがあります。
急に便通が悪くなる、便が出にくく不快な症状が続く、吐き気や頭痛、発熱を伴う場合は医師の診察を受けましょう。

PAGE TOP