横浜の皆様へ 非特異性腟炎についてのご案内

横浜 の皆さま、こんにち は!!incho

田渕 レディース ク リニック院長 の田渕 です。
今日 は、非特異性腟炎についてをご案内 させて頂きます

非特異性腟炎は特別な病原菌ではなくて、大腸菌とかブドウ球菌、連鎖球菌などによって起こる膣炎で、膣の自浄作用が低下することにより菌が繁殖してくるのが特徴です。
症状は、黄色くて膿のようなおりものが多くなって、いやなにおいがします。
おりものが多くなってくると、外陰部もその刺激によって、赤く炎症を起こしてきます。治療は、膣の洗浄と、抗生物質の膣錠を使えば完治します。

膣の自浄作用とは

健康な女性の腟内は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の作用によって酸性に保持され、外部からの細菌の侵入・増殖を阻止しています。この作用を腟の自浄作用といいます。
ストレスなどで体力が低下している時にこの自浄作用を突破して病原菌が侵入し、腟の粘膜に感染すると炎症が発症します。

おりもの検査を行っても、トリコモナス、カンジダ、淋菌というような病原微生物が検出されず、原因のはっきりしない腟の炎症が特徴です。
一般的に白色あるいは黄色のおりものが増え、時には血液が混じることもあり、他に膀胱炎のような排尿痛症状や下腹部痛を伴うこともあります。
原因の多くは腟の自浄作用低下により、腟内でブドウ球菌、連鎖球菌などの常在菌が増殖し、発症するものと考えられています。11042309

腟の自浄作用が低下し、腟炎を起こしやすいのは、たとえば風邪をひいているときや、偏食が続いて栄養状態が悪いなど、全身の体力・抵抗力が落ちた状態にあるときです。
また、腟の自浄作用は女性ホルモンが調整するため、ホルモンの変調をきたす妊娠中や産後、更年期も膣炎を発症しやすい時期といえます。

このほかタンポンやコンドーム、ペッサリーなどの避妊具の抜き忘れも膣壁を傷つけ、細菌の繁殖を促す一因です。不衛生な性行為や下痢などによって外部から細菌が侵入し、膣炎が引き起こされる場合もあります。

主な症状

非特異性外陰炎では、患部に腫れや発赤、湿疹などが現れます。
外陰に発症する病気であるため、一度発症すると患部から悪臭がすることがあります。
そのため、症状が出るとわかりやすい傾向にあります。
黄色っぽいおりものが増え、ひどくなると、おりものが茶褐色や緑などの色を帯びてきます。また、かゆみはあまり感じませんが、腟は腫れて赤くなり性行為のときに痛みや出血を生じたり、排尿痛をともなう場合があります。
感染が広がると、外陰部が赤く腫れてくることもあります。

治療

原因となった細菌に合わせて抗生物質を投与します。
クロラムフェニコールやフラジオマイシン腟錠の腟内使用のほかに、卵巣機能を正常に保つよう治療が必要で、外陰部では抗生物質の軟膏塗布が必要な場合もあります。

腟内を洗浄して抗生物質の腟錠を投与すれば、1~2週間で治ります。腟内に異物が残っている場合には、腟洗浄の前に取り除きます。
また、下半身をぴったりと締めつける服は、下半身の通気性を悪くして、腟内のむれやかぶれを引きおこしやすくします。治療の効果を高めるためと予防のためにも、日ごろから綿100%の下着を着用し、パンティストッキングやガードル、ぴっちりとしたジーンズは極力さけるように心がけましょう。できれば、おりものシートの使用もさけたいです。
なお、下着はこまめにかえる、毎日の入浴やシャワーを欠かさないなどして、患部を清潔に保つことは基本です。

PAGE TOP