女性のめまいについて

横浜 の皆さま、こんにち は!!incho

田渕 レディース ク リニック院長 の田渕 です。
今日 は、女性のめまいについてをご案内 させて頂きます

女性が社会に進出して活躍する機会が多くなりましたが、それに伴い心身のストレスも大きくなり、病気ではないけれど、なんとなく体調が優れない方が増えています。めまいは、そんな現代女性に増えている不調の1つで、めまいからだのバランスを保つ機能に障害が起こると生じます。

めまいの,症状0328290-2
・体がふらつく
・自分のからだが回っている
・雲の上を歩くようにふわふわする
・真っ直ぐ歩けないなどの浮動性めまい

めまいや動悸を感じたら
緊張する場面でもないのに突然胸がドキドキする、めまいを感じるという場合、まずは内科や循環器内科、耳鼻科などの身体科を受診しましょう。もし、様々な検査を行っても異常が見つからないなら、ストレスの影響や精神疾患が原因かもしれません。
その場合はストレスは自然になくなるだろうと放っておかず、早めに精神科や心療内科などの医療機関で相談する方がいいでしょう。放っておくうちに、精神疾患が悪化してしまうことも少なくありません。
また精神疾患が、メニエール病などの身体疾患を悪化させているケースもあります。この場合も精神疾患の適切な治療が、身体の自覚症状を改善することにつながります。
自分だけで判断せず、早めに専門機関に相談することが大切です。

めまいの分類
・耳から生じるもの
・脳から生じる
・老人に多いもの

大きく上記の3つに分けることができます

耳から生じるめまいでは難聴、耳鳴り、耳がふさがった感じがめまいと同時に悪化し、軽快します。これらの症状を「耳症状」と呼んで、注意します。ただし、過去に難聴があったり耳鳴りがあっても、めまいと同時に並行して症状があらわれなければ、関係がないものと考えるべきでしょう。

健康な人でもめまいはおこす
めまいは、内耳にある平衡感覚をつかさどる三半規管の異常でおこります。
からだの位置を変えようとしたときに急に目の前が暗くなるような一過性のものから、からだがふらついて揺れているように感じるもの、天井や壁がグルグル回って歩くことさえできないものなど、さまざまです。吐き気や頭痛をともなう場合もあります。
健康な人でも寝不足や過労、乗り物酔い、アルコール飲料の飲みすぎなどで、めまいをおこすことがありますが、一過性のものならほとんど心配ありません。少し休めば治ります。空腹時におこるめまいも、ひと休みして食事をとればおさまるでしょう。

病気によるめまいに注意19541390
周囲がグルグル回って歩くこともできないようなめまいに襲われたり、頻繁にめまいをおこしたりする場合は、めまい外来などのある耳鼻科や内科を受診しましょう。
めまいを誘発する病気には、メニエール病、内耳炎、外耳炎、耳菅炎、耳垢栓塞など耳からくるものが考えられます。30歳以降の女性に多いメニエール病の場合は、めまいだけでなく耳鳴りや難聴になることもあります。
また、糖尿病、動脈硬化、脳出血、脳腫瘍、脳梗塞など内科的な病気や、貧血、高血圧、そしてストレスなどによる不定愁訴でも、めまいがおこります。さらに、更年期障害の症状の一つにもめまいがあげられます。
めまいの場合、その原因がはっきりしないことも多いので、症状が改善されないときは、医師に相談して精密検査を受けるとよいでしょう。

規則正しい生活でめまい予防
めまいをおこす誘因を少なくするためには、自律神経のバランスをくずさないことがポイントです。それには規則正しい生活を心がけることや、過労や精神的ストレスをためないことがいちばんです。

PAGE TOP