PCOSと排卵障害

inchoPCOSと排卵障害 亜希 – 2009/06/03(Wed) 22:03 No.4154

他院にてAIHを行い、先日排卵確認に行ったのですが、18mm前後の卵胞が数個残っていました。(AIH直前の主席卵胞は25mmでした。)内膜は厚くなっているとのことでしたが、体温の上がりも微妙ということで、血液検査をし、今結果待ちです。

・排卵確認が正確にできなかったにも関わらず、黄体補充の注射をされました。これは意味があるのでしょうか?また、排卵していなかった場合でも、この注射により体温は上がるのでしょうか?(今朝になって上がってきました。)

・今回のようにコロコロと残った卵胞は、今後どうなるのでしょうか?次周期もクロミッド等の誘発を続けて良いのでしょうか?

・クロミッドの内服により卵胞はちゅんと育つのですが、排卵しない周期があります。このような排卵障害の場合、ラパロをした方が良いのでしょうか?それとも体外授精に進んだ方が良いですか?

長々と申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願い致します。

Re: PCOSと排卵障害 Dr.Tabuchi – 2009/06/04(Thu) 21:55 No.4162

25mmの卵胞が消えてなくなっているということは、それが排卵したということの可能性が高いので、そのような注射を行ったのでしょう。排卵しなかったときには、黄体ホルモンの注射では体温は上がりません。次回の生理中にエコーでコロコロと残った卵胞がそのままの形でまだあった場合、良好な卵子の発育はあまり期待できません。自然周期で様子を見てもし消えなければ、ピルを使うこともあります。
おそらくPCO(多のう胞性卵巣症候群)ですね。この場合、ラパロで卵胞焼灼を行うとその後1年くらい良好な卵子が排卵される可能性があります。それも一つの選択肢ですが、体外受精で多くの卵子を採取し、その中から良好な卵子を選択するのも非常に有効です。

Re: PCOSと排卵障害 亜希 – 2009/06/05(Fri) 17:55 No.4167

ご回答ありがとうございます。
血液検査の結果、P4は14あり、排卵済と診断されました。ですが、排卵後2,3日目の値としては高すぎませんか?高すぎても良くないということはありますか?(普段は、排卵後1週間目の測定でも10に満たないことが多く、黄体機能不全気味です。)

Re: PCOSと排卵障害 Dr.Tabuchi – 2009/06/08(Mon) 22:22 No.4186

14ならそれほど高すぎるということはないと思います。

PAGE TOP