1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 性感染症

性感染症

人から人へ、性行為によって感染するのが特徴です。

性感染症は、STD(Sexually Transmitted Disease) と呼ばれ、セックスによって感染する病気です。

クラミジア・淋病・トリコモナス・尖形コンジローマ、梅毒、HIV、ヘルペス、毛じらみなどが主な病名です。

淋病
自覚症状がほとんどない事が多いのですが子宮頚管に炎症を起こし、おりものが黄色く膿のようになる場合があります。
感染後は、そのまま放置すると激しい下腹部痛や発熱が起こり、卵管や骨盤内に炎症が広まり不妊の原因になる事があり、出産時には赤ちゃんが結膜炎になることもあります。
トリコモナス
トリコモナスという原虫に感染して起こる病気です。感染すると黄色の悪臭のあるおりものが多量に出て、膣や外陰部が炎症を起こし、かゆみを感じます。
尖圭コンジローマ
性器や肛門のまわりにイボができる病気です。 女性の場合は、主に大小陰唇(だいしょういんしん)や腟前庭(ちつぜんてい)、会陰、尿道口、肛門のまわりや肛門内といった場所のほかに、腟(ちつ)、子宮頸部(しきゅうけいぶ)など性器の内側にもイボが発生します。
子宮頸がんへの変化の可能性があり、早期発見に対処することが重要です。
コンジローマは「ヒトパピローマウイルス」が感染源となっています。
梅毒
スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema Pallidum) による主として性交およびオーラルセックなどの行為により感染する性病、性感染症です。皮膚や粘膜の小さな傷から梅毒トレポネーマが侵入することによって感染し、進行によって血液内に侵入します。それが全身に広がり様々な症状を引き起こします。
HIV
HIV(通称エイズウイルス)に感染し、免疫力が低下して発症する病気をエイズといいます。日本における感染者数は最近増加傾向を示しています。エイズでの死亡率は低下してきてますが、感染者数は増加の一途です。最近では、男女間の性行為による感染、特に若年層の感染が確実に増えています。HIVウイルスは、感染者の血液、精液、膣分泌液、母乳により感染します。
ヘルペス
外陰部に水泡ができ、やがて激しい痛みを伴う潰瘍になる
発熱、倦怠感などの全身症状を伴う
再発しやすい
毛じらみ
外陰部に激しいかゆみを感じる

性行為以外からはうつらないのですか?

性感染症100%ないとは言い切れませんが、ほぼ性行為から感染します。
公衆トイレ、公衆浴場そういったもので感染しないかといえば、絶対に0とは言えませんが、頻度的にはそんなに多くはありません。
口にできるヘルペスは、キスで感染する場合があります。

治療法

まずは、当院で病気の特定をいたします。
病気にあったお薬を処方いたします。性病の場合は、それぞれ病気にあったお薬を処方しないと治りません。
特定するのに検査が必要です。検査の結果には数日かかります。
HIV以外の性病はお薬で治療ができます。1週間~2週間で治療できます。

クラミジアについて

性病の中で今一番増えています。放置すると卵管がつまって不妊の原因となりますので、早期に治療する事が必要です。

自覚症状が少ないので、ちょっとでも変だなと思ったら当院にお越し下さい。

具体的な症状


  • おりものの量が増える
  • おなかが痛い
  • 出血が混じったおりものがでる
  • おりもの自体黄色くてうみのようなおもりのがたくさん出る

検査して薬で治りますので、ご安心ください。

PAGE TOP