1. トップページ
  2. 診療案内
  3. 生理について
  4. 生理痛について

生理痛について

生理痛は病気ではありません。

子宮が腫れたり卵巣が腫れたりして生理が重くなるような病気 例えば、生理痛の方が100人いらっしゃった場合、その方の中で30人の方が子宮内膜症を持っているかもしれません。 15人ぐらいの方は子宮筋腫を持っているかもしれません。

つまり、子宮筋腫が原因であるいは、子宮内膜症が原因で、生理痛がひどいんですよ、という方が、45人ぐらいはいらっしゃるかもしれません。
でも、そののこりの55人は、これはあくまでも例えですが、全く病気はないんですが、生理痛がひどい方もおられます。これは、生理的なもので、病気ではありません。

ベースに病気が、あるかどうかの見極めが大切になります。

生理痛が酷いから、全ての方が子宮内膜症とは言えない訳です。
特に若い方は、出産もされていないので、子宮も硬く、痛みが強い方も多いです。

具体的な治療法

体に応じた副作用のでない痛み止めを使います。あるいは、

低用量ピルを服用すれば、痛み止めを飲むことはほとんどありません。
低用量ピルを服用した場合生理痛は軽くなります。

漢方薬で軽くなる事もできますが、ピル程ではございません。

生理についてのメニュー

PAGE TOP