1. トップページ
  2. ブログ
  3. 高プロラクチン血症について

ブログ

高プロラクチン血症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は高プロラクチン血症についてお伝えします。 ◆高プロラクチン血症とは? まず、プロラクチンとは「乳腺刺激ホルモン」と呼ばれる脳下垂体から分泌されるホルモンで、母乳をつくるために欠かせないホルモンです。 本来であれば出産後に多く分泌されるホルモンですが、出産や授乳をしていないのにプロラクチンの数値が高い状態のことを高プロラクチン血症と言います。 プロラクチンの数値が高くなると、排卵障害や黄体機能不全による月経不順などが起こり、不妊の原因となります。 自覚症続きを読む





この記事が書かれた日:2018年02月17日

カテゴリ:高プロラクチン血症

PAGE TOP