1. トップページ
  2. ブログ
  3. 子宮がん検診 頸がんと体がんについて

ブログ

子宮がん検診 頸がんと体がんについて

横浜の皆さん、こんにちは。今回は子宮がん検診について少しお話しいたします。横浜市のがん検診などでみなさんは、何回か受けられた方も多いと思います。その場でよくお話があるのは、先生、体がんは受けなくてもいいのでしょうか?というご質問をよく受けます。普通子宮がん検診といって会社やドックなどで受けるものは、頸がん検診で、体がんはやらないことが多いと思います。その一つの理由としては、子宮がん全体の中で、体がんと頸がんの比率が約 2:8と、圧倒的に頸がんの方が多いこと。もう一つの理由としては、体がん検診では続きを読む





この記事が書かれた日:2016年12月20日

カテゴリ:子宮体がん, 子宮頸がん

子宮頚部異形性

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 今回は「子宮頚部異形性」についてご案内いたします。 2015年末に、某有名女性弁護士がブログで罹患を公表し、「子宮頚部異形性」という言葉をテレビやマスコミで初めて知ったという方も多いと思われます。※ちなみにこの方は高度異形成でした。 がんでもなく正常でもない細胞 主な症状は特になく、子宮頚部の粘膜に正常な細胞とは違う細胞が発生するもので、子宮頚がんの「前がん状態」ともいわれます。前がん状態といっても、正常な細胞では続きを読む





この記事が書かれた日:2016年01月22日

カテゴリ:子宮体がん, 子宮頚部異形成, 子宮頸がん

手術の麻酔について

再度質問 不安です – 2009/04/17(Fri) 09:22 No.3919   先日、体癌の不安で相談させていただきました。 もう一つ、教えてください。 朝九時半入院、夕方検査、明朝退院といわれています。 付き添いについて医師に聞くと、「居たほうがいいが、いないなら仕方ない。」と言われました。子供が2人おりますので、主人は休みをとってくれますが、子供を連れてまで病院についてきてもらった方がいいのでしょうか?それとも一人でも自分が良ければいいのでしょうか? よろしくお続きを読む





この記事が書かれた日:2009年04月17日

カテゴリ:子宮体がん, 掲示板

体癌の不安

体癌の不安  不安です – 2009/03/26(Thu) 18:58 No.3775   34歳、8年前と6年前に出産しています。毎月排卵あり、生理も順調です。不正出血もありません。 一昨年の癌検診で内膜が厚いといわれ、内膜細胞診を受けましたが異常なし、去年の12月、今月にも念のため受けましたが、異常なしです。 しかしこのまま検診を続けるより、はっきりさせた方がいいということで、来月子宮鏡と内膜そうはを受けます。 検査までの一ヶ月、癌ではないかと不安で、精神的に辛いです。続きを読む





この記事が書かれた日:2009年03月26日

カテゴリ:子宮体がん, 掲示板

子宮ガン検診について

子宮ガン検診について  yuri – 2007/12/06(Thu) 23:14 No.2107   現在台湾で生活している者です。日本出国前に受けた子宮ガン検診で、細胞診3aの結果が出ました。検査当時膣炎も患っていましたので(今は完治)、その影響もあるかもしれないが、精密検査を受けた方がいいと言われました。しかしどうしても日本を離れなければならず、受けておりません。 結果を聞いたのが12月1日、検診はその一週間前に行いました。 2月には何とか帰国できたらと思っているのです続きを読む





この記事が書かれた日:2007年12月06日

カテゴリ:子宮体がん, 子宮頸がん, 掲示板

子宮体癌の検査について

子宮体癌の検査について ふうち – 2007/09/21(Fri) 00:03 No.1760   ご質問させて頂きます。   子宮体部癌の検査は、痛みを伴うと聞きました。(40歳台で未産婦です。) そちらの病院では、麻酔をして検査して頂けるのでしょか?   Re: 子宮体癌の検査について Dr.Tabuchi – 2007/09/24(Mon) 22:01 No.1772   子宮体がんの検査は、当院では痛みの少ない方法で行ってい続きを読む





この記事が書かれた日:2007年09月24日

カテゴリ:子宮体がん, 掲示板

子宮ガン検診の結果について

子宮ガン検診の結果について nao – 2007/08/01(Wed) 08:21 No.1503   毎年、そちらで子宮ガン検診を受けている者ですが、今年は時間が無かった関係上、近所の産婦人科に行き、ガン検診を受けました。結果を郵送で送っていただいたのですが、診断コメントの欄に「扁平上皮化成を伴う軽度の炎症像と考えます。」とありました。細胞所見では、扁平上皮の表層細胞(+)、中層細胞(++)、円柱上皮の頸内膜円柱上皮細胞(+)、好中球(++)、組織球(+)となっておりまし続きを読む





この記事が書かれた日:2007年08月03日

カテゴリ:子宮体がん, 子宮頸がん, 掲示板, 検診

PAGE TOP