1. トップページ
  2. ブログ
  3. どのような症状が出たらクリニックに行くべきか

ブログ

どのような症状が出たらクリニックに行くべきか

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はどのような症状が出たらクリニックに行くべきなのかについて、簡単にご案内いたします。  こんな症状が出たらクリニックに行きましょう 女性は日々の生活の中でも目まぐるしく体に変化が生じます。 日頃からチェックを行うようにして、異常があればすぐに相談するようにしてください。 月経の異常 月経の正常な周期はおよそ25~36日ごとで、期間は5~7日になります。生理中は下腹部に痛みがあったり腰痛、お腹が張るなどの症状を伴うこともありますが、日常生活に支障がない範囲続きを読む





この記事が書かれた日:2017年04月22日

カテゴリ:婦人科一般

夏の女性の悩み~生理中の蒸れ~

横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 夏特有の悩みとして、前回は「冷え性」についてご案内いたしました。 今回は「生理中の蒸れ」についてご案内いたします。 多くの女性が夏になれば、生理中の蒸れに悩まされています。ある企業の調査でも、約8割の女性が夏の生理中に肌のトラブルを感じている結果が出ています。 蒸れが招くトラブル 生理による蒸れは、性器のかゆみやかぶれ、雑菌の繁殖を招きます。 外陰部は「デリケートゾーン」という呼ばれる通り、傷つきやすくトラブルの発生続きを読む





この記事が書かれた日:2016年06月24日

カテゴリ:かゆみ, 婦人科一般, 感染症, 月経, 生理, 膣炎

夏の女性の悩み~冷え性~

横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 今はまだジメジメ梅雨の季節ですが、夏真っ盛りまであとわずか。夏に備えて、この時期に関する女性の悩みと原因をご案内します。 夏といえば自然と薄着になりますが、屋外と冷房の効いた屋内の温度差が著しく大きくなり、特にオフィス内での冷房による冷え性に悩む女性がたくさんいらっしゃいます。 そもそも冷え性とは身体の保温を保つためのエネルギーを運ぶ血流が悪くなることで症状として出てきます。その冷えを起こす原因は冷房に限らず、様々な続きを読む





この記事が書かれた日:2016年06月16日

カテゴリ:冷え性, 婦人科一般

不妊検査について

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 6月はジューンブライド。ご結婚される方も多い月となります。おめでとうございます。 当院のホームページに24時間メール相談を設けておりますが、ご夫婦からのご相談を受けることも多々ございます。 「妊娠を自然のなりゆきでまかせているが、なかなか予定通りにいかず、私たち不妊ですか?」 やはり心配になって来られる方は多いです。そういう時は、不妊かどうか、きちんと検査することをおすすめします。 一般的には女性の年齢が高齢化する続きを読む





この記事が書かれた日:2016年06月03日

カテゴリ:不妊, 妊娠, 婦人科一般

ピルの服用パターンご紹介①「生理のトラブル」

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 ピルの処方や服用するパターンはいくつもございます。 どのようなパターンに活用されるか、パターン毎にご案内いたします。1回目は「生理のお悩み」についてです。   生理のお悩みを解決! 生理に関するお悩みでみられる症状は大きく3つに分類されます。 ●PMS(月経前症候群) 肌荒れ・下腹部の張り・吐き気や頭痛 ●PMDD(月経前不快気分障害) 憂鬱・いらいら・不安感 ●月経異常 月経過多・過長月経・生理周期の乱続きを読む





この記事が書かれた日:2016年04月16日

カテゴリ:アフターピル, ピル, 婦人科一般, 月経, 月経前症候群, 生理

肩こりを訴える女性が増えています

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 肩こりに悩む方はたくさんいますが、某医薬メーカーの調査の結果、「男性」よりも「女性」の方が多いことがわかっています。今回は、肩こりについてご案内いたします。 肩こりは筋肉の緊張から 慢性的な肩こりに悩んでいる女性が最近とても増えているのをご存知でしょうか? 重い頭を支えて、腕をぶらさげているわけですから、肩の筋肉には常に負担がかかっています。そして女性は男性ほど首や肩の筋肉が発達していないため、頭や両腕を支える肩の続きを読む





この記事が書かれた日:2016年04月04日

カテゴリ:婦人科一般, 肩こり, 腰痛, 高血圧

婦人科検診を受けましょう

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 女性の中には婦人科へ行くのに抵抗を感じる、という方が時々いらっしゃいます。ましてや体の調子も悪くないのに検診のために行くというのを避ける方も大勢います。 婦人科検診では、女性特有の疾患や命にかかわる疾患の早期発見、自身の体調管理の把握につながります。安心して診てもらえる先生を選び、是非、定期的に受診なさってください。   年に一回は定期検診を 一般的な健康診断では、女性特有の疾患についての検査までは行いま続きを読む





この記事が書かれた日:2016年03月26日

カテゴリ:婦人科一般, 検診

薬の基礎知識

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 前回ご案内しました「薬の服用について」に続いて、薬の基礎知識をご案内いたします。 服用する薬を確認!~効用・副作用の確認を~ クリニックに来られる患者様の中には、極力、薬に頼らず治したい、薬は嫌いという人も少なくありません。でも、体の状態をよくするためには、薬の服用が必要なこともあります。薬を使わなければ治療方法の幅はぐんと狭まってしまいます。 「副作用がこわい」「クセになってしまうのではないか」など、薬のどんなと続きを読む





この記事が書かれた日:2016年03月18日

カテゴリ:低用量ピル, 婦人科一般,

内性器の構造

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 婦人科にまつわる症状のうち、生殖器にまつわる疾患も多くあります。そこで今回は「内性器の構造」について、ご案内させて頂きます。 内性器とは生殖器のうち体内にあり、外部に露出していない部分のことをいいます。 女性では膣(ちつ)・子宮(しきゅう)・卵管(らんかん)・卵巣(らんそう)のことです。それぞれの役割や仕組みについてお伝えします。 腟 膀胱と直腸の間に位置し、子宮と外陰部とをつなぐ長さ7~10cmの筒状の器官が腟で続きを読む





この記事が書かれた日:2016年02月26日

カテゴリ:内性器, 婦人科一般

低用量ピルについて

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 今回は低用量ピルについて、ご案内させて頂きます。 ピルに関しては、今までにも何度かご紹介してきましたが、やはり国内ではピルと聴くと避妊薬というイメージが強い人がまだまだ多く、諸外国に比べ日本ではまだ普及していません。低用量ピルは月経痛の緩和など、女性にとって生活を改善するお薬なのです。 西欧諸国では一般的な低用量ピル 日本では、「ピル=副作用が強い」という印象を持っている人が多いのが現状で、有効に活用している人は少続きを読む





この記事が書かれた日:2016年01月08日

カテゴリ:ピル, 低用量ピル, 婦人科一般

1 2 3 4 5 10

PAGE TOP