1. トップページ
  2. ブログ
  3. 甲状腺の病気について

ブログ

甲状腺の病気について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は甲状腺の病気についてお伝えします。 ◆甲状腺とは 甲状腺はのどぼとけの下にある、蝶が羽を広げたような形で気管を包んでいる小さな臓器です。血液中に甲状腺ホルモンを分泌するほか、新陳代謝を促す働きや、栄養素をエネルギーに変えて、体内で利用できるように調整するといった役割があります。 この甲状腺が病気になると、炎症が起きたり、ホルモンの分泌が正常に行われなくなります。 甲状腺の病気は女性に多く、種類によって月経異常や不妊、流産の原因になる場合もあります。また続きを読む





この記事が書かれた日:2018年10月27日

カテゴリ:婦人科一般

女性の貧血について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は女性の貧血についてお伝えします。 ◆女性に多い鉄欠乏症貧血 貧血というと立ちくらみやめまいを想像してしまいますが、これらは血液の悪循環による起立性低血圧という低血圧の一種で、貧血とは異なります。 貧血とは血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの量が正常値より減少している状態のことです。貧血にはいくつかの種類がありますが、女性にもっとも多いのは体内の鉄分が不足して起こる鉄欠乏症貧血です。 鉄欠乏性貧血は女性、とくに若い女性に多く、偏食や無理なダイエットによ続きを読む





この記事が書かれた日:2018年08月18日

カテゴリ:婦人科一般, 貧血

月経の量や状態について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は月経の量や状態について再度お伝えします。 ◆正常な月経の量 自分の月経の量や期間について、疑問に思ったことがありますか?月経の量が多いか、少ないかは、自分ではなかなか判断しにくいものですね。 年齢や月経日数の関係によって変化し、そもそも個人差自体とても大きいものですが、一般的には一回の月経期間の出血量は平均で50~60gだといわれています。 これはだいたいナプキン20枚程度の量になり、月経期間は3~7日であれば正常だといえます。ほかにも月経開始の1~2続きを読む





この記事が書かれた日:2018年05月12日

カテゴリ:婦人科一般, 月経

膣前庭乳頭症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は膣前庭乳頭症についてお伝えします。 ◆膣前庭乳頭症(ちつぜんていにゅうとうしょう)とは 聞きなじみのない名称だと思いますが、「膣前庭」とは小陰唇の内側部分のことをいいます。そして「膣前庭乳頭症」とは、その小陰唇の内側である膣前庭部分や尿道口付近に左右対称に1mm前後の小さな突起物ができる症状のことです。 膣前庭乳頭症の症状は尖圭コンジローマと間違われることが多く、同じように性器のまわりに突起物ができるのですが、尖圭コンジローマとは違い性感染症ではなく、続きを読む





この記事が書かれた日:2018年03月24日

カテゴリ:婦人科一般

ブライダルチェックについて

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はブライダルチェックについてお伝えします。 ◆ブライダルチェックとは 主に妊娠・結婚を控えている女性を対象とした婦人科検診を含む健康診断のことです。妊娠や出産に影響がある疾患がないか、普段症状が見られない場合であっても、あらかじめチェックすることで早期発見・早期治療によって無事に妊娠・出産を迎えられるようにすることを目的に行われているのがブライダルチェックです。 主な検診内容は子宮や卵巣の状態を超音波で検査し、内膜症や筋腫の有無や程度などを調べる、子宮が続きを読む





この記事が書かれた日:2018年02月10日

カテゴリ:ブライダルチェック, 婦人科一般, 検診

デリケートゾーンの洗い方

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はデリケートゾーンの洗い方についてお伝えします。 ◆清潔にしすぎるのはよくない? 赤ちゃんの肌はもちもちとしていて、とても触り心地がいいですね。赤ちゃんの肌は柔らかくてとても繊細です。ですので、市販の石鹸やボディソープを使うと肌が荒れてしまうことがあります。 これと同じように女性がデリケートゾーンを洗う際にも注意する必要があります。デリケートゾーンには元々清潔に保つための菌がいて、その菌が外部からの細菌などの侵入を防ぐ役割を持っています。 石鹸やボディソ続きを読む





この記事が書かれた日:2018年01月26日

カテゴリ:婦人科一般

どのような症状が出たらクリニックに行くべきか

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はどのような症状が出たらクリニックに行くべきなのかについて、簡単にご案内いたします。  こんな症状が出たらクリニックに行きましょう 女性は日々の生活の中でも目まぐるしく体に変化が生じます。 日頃からチェックを行うようにして、異常があればすぐに相談するようにしてください。 月経の異常 月経の正常な周期はおよそ25~36日ごとで、期間は5~7日になります。生理中は下腹部に痛みがあったり腰痛、お腹が張るなどの症状を伴うこともありますが、日常生活に支障がない範囲続きを読む





この記事が書かれた日:2017年04月22日

カテゴリ:婦人科一般

夏の女性の悩み~生理中の蒸れ~

横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 夏特有の悩みとして、前回は「冷え性」についてご案内いたしました。 今回は「生理中の蒸れ」についてご案内いたします。 多くの女性が夏になれば、生理中の蒸れに悩まされています。ある企業の調査でも、約8割の女性が夏の生理中に肌のトラブルを感じている結果が出ています。 蒸れが招くトラブル 生理による蒸れは、性器のかゆみやかぶれ、雑菌の繁殖を招きます。 外陰部は「デリケートゾーン」という呼ばれる通り、傷つきやすくトラブルの発生続きを読む





この記事が書かれた日:2016年06月24日

カテゴリ:かゆみ, 婦人科一般, 感染症, 月経, 生理, 膣炎

夏の女性の悩み~冷え性~

横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 今はまだジメジメ梅雨の季節ですが、夏真っ盛りまであとわずか。夏に備えて、この時期に関する女性の悩みと原因をご案内します。 夏といえば自然と薄着になりますが、屋外と冷房の効いた屋内の温度差が著しく大きくなり、特にオフィス内での冷房による冷え性に悩む女性がたくさんいらっしゃいます。 そもそも冷え性とは身体の保温を保つためのエネルギーを運ぶ血流が悪くなることで症状として出てきます。その冷えを起こす原因は冷房に限らず、様々な続きを読む





この記事が書かれた日:2016年06月16日

カテゴリ:冷え性, 婦人科一般

不妊検査について

横浜 の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。 6月はジューンブライド。ご結婚される方も多い月となります。おめでとうございます。 当院のホームページに24時間メール相談を設けておりますが、ご夫婦からのご相談を受けることも多々ございます。 「妊娠を自然のなりゆきでまかせているが、なかなか予定通りにいかず、私たち不妊ですか?」 やはり心配になって来られる方は多いです。そういう時は、不妊かどうか、きちんと検査することをおすすめします。 一般的には女性の年齢が高齢化する続きを読む





この記事が書かれた日:2016年06月03日

カテゴリ:不妊, 妊娠, 婦人科一般

1 2 3 4 5 11

PAGE TOP