1. トップページ
  2. ブログ
  3. 貧血の原因と病気の関わりについて

ブログ

貧血の原因と病気の関わりについて

横浜市の田渕レディスクリニックです。田渕レディースクリニック
今回は貧血の原因と病気の関わりについてお伝えします。

◆貧血と病気の関わり
貧血に悩まされる女性は多くいらっしゃいます。女性が貧血になりやすいのは月経や出産時に出血することや、生理不順、成長期や妊娠・授乳期といった様々な場面で鉄分を失うので、貧血になりやすいのです。
失う場面が多い鉄分ですが、鉄分自体は人間は自分の体内で作り出すことができません。失った鉄分を補うには食べ物から摂取するしかないのですが、鉄分自体は人体に吸収されにくい栄養素で、意識して鉄分を摂取しない限り、慢性的に不足してしまいます。
慢性的な鉄分の不足で貧血になると、体がだるく、ぼーっとしがちになる、朝起きるのがしんどい、動機や息切れがする、食欲が湧かなくなるといった状態になります。そして体の不調が原因で精神的に不調を及ぼすなど、貧血を放置することで様々な悪影響がある他にも、貧血の原因には重大な病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

◆原因
●ヘモグロビン量の低下
ヘモグロビンは血液中に存在し、酸素を全身に運搬する役割があります。このヘモグロビンの量が少なくなってしまう状態が貧血で、酸素を全身に運ぶ量が少なくなってしまうことで、様々な悪影響が現れるようになります。このヘモグロビンを作るのは鉄分、葉酸、ビタミンB12で、貧血改善のための鉄分の薬をとるだけで改善される場合もありますが、普段から赤身肉や魚の血合いといった、赤い動物性たんぱく質をとることでより効率的になります。葉酸とビタミンB12は食品からだと摂取しづらく、また体内で備蓄することもできないので、この2つはサプリメントなどを毎日意識してとることが大切です。

●体内に出血がある
体内で出血している場合にも貧血は起こります。消化管の潰瘍などで出血している場合など、鉄分を摂取しても出血していることで流れ出て行ってしまっていては貧血は治りません。
もしも食生活を改善したり、サプリメントを毎日とっているにもかかわらず、貧血の症状が改善されない場合や、下腹部痛や排便痛がある場合には、クリニックに相談するようにしてください。

この記事が書かれた日:2019年03月09日

カテゴリ:婦人科一般, 貧血

PAGE TOP