1. トップページ
  2. ブログ
  3. 連休明けになりやすい五月病について

ブログ

連休明けになりやすい五月病について

今回は連休明けに五月病にならないように気を付けたいことをお伝えします。 ◆GW明けは五月病になりやすい? 連休が終わる頃に「学校や職場へ行きたくない」「何もしたくない」といった気分が落ち込んだり無気力になるといった方は少なくありません。こうした5月に多く見られる症状は広く五月病と呼ばれていますが、医学的には軽い抑うつ状態のことを指しており、うつ病の手前の状態と言えます。 3月から4月にかけて、仕事や学校、引っ越しといった環境の変化は、その内容がいいものであっても悪いものであっても、私たちにとって続きを読む





この記事が書かれた日:2019年04月27日

カテゴリ:ストレス, ホルモン

子宮頚部異形成について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は子宮頚部異形成についてお伝えします。 ◆子宮頚部異形成とは 子宮頚部の粘膜部分に正常な細胞とは異なる細胞が発生するもので、子宮頸がんの前がん状態といえる状態です。この時発生する正常な細胞とは異なる細胞は、正常ではないもののがん細胞でもない細胞がある状態であり、発生した異なる細胞がすべてがんに変化していく訳でもありません。 この子宮頚部異形成の原因は、子宮頸がんと同様のヒトパピローマウイルスによるものであり、性行為の経験があれば10代でも発症するケースも続きを読む





この記事が書かれた日:2019年04月20日

カテゴリ:子宮頚部異形成

月経と片頭痛の関係

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回月経と片頭痛の関係についてお伝えします。 ◆女性は片頭痛になりやすい? 腰痛や肩こりと並んで女性の多くが日常的に頭痛を経験していらっしゃいます。頭痛は原因によって2種類にわけられ、脳の中の病気(脳腫瘍や血管障害など)が原因の器質性のものと、それ以外の原因による機能性のものがあります。脳の中の病気が原因である器質性の頭痛は1000人に1人程度と少ないですが、機能性の頭痛は押さえつけられるような痛みの緊張性頭痛と、ズキズキと痛むといった片頭痛の2種類あり、多続きを読む





この記事が書かれた日:2019年04月13日

カテゴリ:頭痛

更年期障害の治療について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は更年期障害の治療についてお伝えします。 ◆更年期障害の診断を受ける 閉経の前後10年間の更年期にはホルモンバランスの崩れから心身ともにさまざまな不調があらわれますが、症状の多くは他にも似ている病気が存在します。そのため、更年期による症状であるかどうかの診断を受けることがまず必要になります。判断の基準には他の病気の可能性がないことや、エストロゲンの低下と性腺刺激ホルモン(LH・FSH)の上昇が認められることです。 問診で年齢や症状、病歴や現在の環境などを続きを読む





この記事が書かれた日:2019年04月06日

カテゴリ:更年期

若年層の頻尿について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は若年層の頻尿についてお伝えします。 ◆10代や20代の頻尿 頻繁に何度もトイレに行きたくなる、出先でもトイレのことばかり考えてしまうといった方は頻尿の可能性があります。頻尿と聞くと高齢の方の症状を想像してしまいがちですが、10代や20代といった若年層の方にも関係のある症状です。 【頻尿の目安】 1日のうち日中に8回以上、夜間に1回以上トイレに行く 上記の回数以下であっても、自分自身で排尿回数が多いと感じている場合は頻尿の可能性 頻尿の原因は多様で、生活続きを読む





この記事が書かれた日:2019年03月23日

カテゴリ:頻尿

月経痛の悪化の原因

横浜市の田渕レディスクリニックです。今回は月経痛の悪化する原因についてお伝えします。 ◆原因や痛む場所は人それぞれ 月経痛は人によって痛む原因や場所、痛みの度合など、その時々で異なります。排卵は通常左右の卵巣から交互に行われますが、その時のホルモンの状態によって経血量が異なり、痛みや症状の程度もその都度変わります。 子宮内膜症や子宮筋腫といった病気がないのに痛みがある状態を「機能性月経困難症」といいますが、機能性月経困難症は月経時の子宮の収縮、ホルモンバランスの 乱れによる骨盤内のうっ血、全身の続きを読む





この記事が書かれた日:2019年03月20日

カテゴリ:月経

貧血の原因と病気の関わりについて

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は貧血の原因と病気の関わりについてお伝えします。 ◆貧血と病気の関わり 貧血に悩まされる女性は多くいらっしゃいます。女性が貧血になりやすいのは月経や出産時に出血することや、生理不順、成長期や妊娠・授乳期といった様々な場面で鉄分を失うので、貧血になりやすいのです。 失う場面が多い鉄分ですが、鉄分自体は人間は自分の体内で作り出すことができません。失った鉄分を補うには食べ物から摂取するしかないのですが、鉄分自体は人体に吸収されにくい栄養素で、意識して鉄分を摂取続きを読む





この記事が書かれた日:2019年03月09日

カテゴリ:婦人科一般, 貧血

春と女性ホルモンの関係について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は春と女性ホルモンの関係についてお伝えします。 ◆ホルモンバランスが乱れやすくなる春 季節の変わり目は体調を崩す方が多くなります。特に冬から春の変わり目には強い日光が冷たい空気と混ざり合うなど、体感温度の変化が激しくなります。急激な温度差によってホルモンバランスが乱れてしまうほか、進学や就職、異動、引っ越しといった、様々な生活環境の変化によるストレスもホルモンバランスが乱れる原因となります。 ホルモンバランスが乱れると、体調不良になったり、疲れがとれにく続きを読む





この記事が書かれた日:2019年03月02日

カテゴリ:ホルモン, 婦人科一般

冬に増加する便秘の悩みについて

今回は冬に増加する便秘についてお伝えします。 ◆冬は便秘になりやすい? 冬は風邪やインフルエンザなどさまざまな病気が心配な季節ですが、ほかにも便秘に悩まされる方が増える季節でもあります。女性はホルモンの影響やダイエットなどによって便秘になりやすいですが、それに加えて冬は体の冷えや運動不足が原因で便秘が起こりやすくなります。 冬の便秘は主に水分不足や運動不足、体の冷えから引き起こされる一時的に起こる便秘です。冬は水分補給の回数が減りやすく、便が硬くなりやすいほか、寒さから運動不足になりやすく、血の続きを読む





この記事が書かれた日:2019年02月23日

カテゴリ:便秘

萎縮性腟炎について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は萎縮性腟炎についてお伝えします。 ◆萎縮性膣炎とは 萎縮性膣炎は閉経によって女性ホルモンが低下することで膣や外陰部に炎症が起こる症状です。 女性ホルモンには様々な役割があり、膣の粘膜にうるおいを与える、自浄作用により膣内部をきれいに保ち、細菌から膣内を守る働きがあります。しかし閉経とともに女性ホルモンは徐々に分泌量が少なくなり、膣内の粘膜の乾燥や萎縮から炎症が起こりやすくなるほか、自浄作用が低下することで細菌に感染しやすくなるため、症状がさらに悪化する続きを読む





この記事が書かれた日:2019年02月16日

カテゴリ:委縮性膣炎

1 2

PAGE TOP