1. トップページ
  2. ブログ
  3. 妊娠中の歯科治療の注意点について

ブログ

妊娠中の歯科治療の注意点について

横浜市の田渕レディスクリニックです。田渕レディースクリニック
妊娠中の歯科治療の注意点についてお伝えします。

◆妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい?
妊娠するとホルモンバランスが変化し、口内に菌が増殖しやすくなることから、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなっています。またつわりなどの影響により歯磨きをおろそかにしてしまったり、安静にしている状態から間食をついしてしまうなど、口内の環境を悪化させてしまうことが多くあります。
妊娠中であっても、歯医者に行くことは可能ですので、虫歯や歯周病になりやすいことを考えると、体調が良ければ定期的に歯科検診を受けたほうがよいでしょう。
ですが、虫歯や歯周病が見つかってその治療を受ける場合には、少し注意が必要になります。
虫歯の治療や麻酔などがお腹の赤ちゃんに与える影響は少ないですが、妊婦さんの体調を考えると、治療を受けるのは妊娠初期や臨月よりも、妊娠中期を過ぎてからのほうが安全です。
妊娠中の歯科治療妊娠初期はつわりもあり、体調がすぐれないことが多い時期です。歯医者のにおいや、口の中を診察されると気持ち悪くなってしまうこともあります。体調が悪いと感じる人は、妊娠初期の歯科治療はなるべく控えるほうがよ いでしょう。
妊娠中期になるとつわりも収まり、体調も落ち着くので、特別な指示がないようであれば歯医者での治療を受けることができます。麻酔が必要な抜歯をはじめ、ほとんどの治療を行えるので、できれば妊娠中期のうちに歯の治療を行い、トラブルを解消しておくことをおすすめします。
妊娠後期に入ると、仰向けになるとお腹が圧迫されて負担が大きくなってしまいますので、この時期の治療は避けたほうがよいでしょう。治療を急がないといけないような症状でなければ応急処置や予防処置だけにとどめておき、出産後に治療を再開するようにしてください。特に切迫早産の傾向がある場合は、妊娠後期の治療は控えてください。

歯医者での治療を行う際には歯医者に妊娠しているということをお伝えするようにしてください。妊娠初期や妊娠中期では見た目には妊娠しているかどうかわからない時もあり、何も伝えないままですと、お腹の赤ちゃんに影響のある薬の処方がされてしまう恐れもありますので、必ず受付と診察の際に妊娠中であることをお伝えください。 ほかにも母子手帳を持参することで健康状態を把握してもらえますので、こちらも忘れずに持参し、受付で伝えておきましょう。

歯の治療の際には事前にクリニックに相談をしていただけますと、治療を受ける時期のアドバイスを行うこともできます。

この記事が書かれた日:2018年04月14日

カテゴリ:妊娠中

PAGE TOP