1. トップページ
  2. ブログ
  3. 性器の気になる症状について

ブログ

性器の気になる症状について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は性器の気になる症状についてお伝えします。 ◆外陰部のかゆみ、痛み 性器のかゆみや痛みは多くの人が経験します。外陰部は汗やおりものなどで湿気やすく、通気性の悪い下着でむれたり、ナプキンがこすれることでかぶれたりしがちです。 外陰部がかゆくならないように予防するには清潔な状態を保つことが一番です。外陰部がかゆくなったら、ぬるま湯程度の温度のシャワーで洗い流すようにしましょう。またこの際に膣内部まで洗ってしまうと、膣内部に備わっている自浄作用を低下させてしま続きを読む





この記事が書かれた日:2018年04月21日

カテゴリ:かゆみ

妊娠中の歯科治療の注意点について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 妊娠中の歯科治療の注意点についてお伝えします。 ◆妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい? 妊娠するとホルモンバランスが変化し、口内に菌が増殖しやすくなることから、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなっています。またつわりなどの影響により歯磨きをおろそかにしてしまったり、安静にしている状態から間食をついしてしまうなど、口内の環境を悪化させてしまうことが多くあります。 妊娠中であっても、歯医者に行くことは可能ですので、虫歯や歯周病になりやすいことを考えると、体調が良けれ続きを読む





この記事が書かれた日:2018年04月14日

カテゴリ:妊娠中

トキソプラズマと妊娠の関係

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はトキソプラズマと妊娠の関係についてお伝えします。 ◆トキソプラズマって? トキソプラズマは正式名はトキソプラズマ原虫と呼ばれる多くの動物が持っている寄生虫の一種で、人にも感染しますが、感染しても免疫力のある大人であればほとんど症状は出ません。ですが、妊娠中に感染した場合、赤ちゃんが先天性トキソプラズマ症と呼ばれる、発達障害や麻痺といった症状を伴う病気を発症することがあります。 赤ちゃんへの感染率は妊娠初期が一番低く、妊娠後期へ向かうにつれて高くなってい続きを読む





この記事が書かれた日:2018年04月07日

カテゴリ:トキソプラズマ

膣前庭乳頭症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は膣前庭乳頭症についてお伝えします。 ◆膣前庭乳頭症(ちつぜんていにゅうとうしょう)とは 聞きなじみのない名称だと思いますが、「膣前庭」とは小陰唇の内側部分のことをいいます。そして「膣前庭乳頭症」とは、その小陰唇の内側である膣前庭部分や尿道口付近に左右対称に1mm前後の小さな突起物ができる症状のことです。 膣前庭乳頭症の症状は尖圭コンジローマと間違われることが多く、同じように性器のまわりに突起物ができるのですが、尖圭コンジローマとは違い性感染症ではなく、続きを読む





この記事が書かれた日:2018年03月24日

カテゴリ:婦人科一般

マタニティヨガについて

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はマタニティヨガについてお伝えします。 ◆マタニティヨガって? マタニティヨガとは、妊婦さんでも安心してできるようなストレッチや運動でのプログラムが組まれたヨガのことです。出産に向け ての体力作りや、妊娠中に起きやすい腰の痛み、肩のこり、冷えなどに効果があり、出産に安心して臨めるような体力作りを行います。 また、瞑想によって情緒の安定をはかったり、出産に向けてのイメージや、胎児とコミュニケーションをとることを目的としています。 妊娠13~14週頃から始め続きを読む





この記事が書かれた日:2018年03月17日

カテゴリ:マタニティヨガ

母乳分泌過多症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は母乳分泌過多症についてお伝えします。 ◆母乳分泌過多症とは 母乳分泌過多症とは、赤ちゃんが飲む母乳の量に対して分泌される母乳量が多すぎることを言います。母乳が多く分泌されるのは問題ないと感じる方も多いと思われますが、母乳分泌過多症になるとおっぱいに痛みを感じたり、乳腺炎になったりと、様々なトラブルの原因になるほか、母乳を飲む赤ちゃんにとっても母乳の量が多いと飲む時にむせたり、吐いてしまうなど、決して望ましくありません。 母乳分泌過多症の原因には、以下の続きを読む





この記事が書かれた日:2018年03月10日

カテゴリ:乳房の異常

避妊以外のピルの使い方と効果について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は避妊以外のピルの使い方と効果についてお伝えします。 ◆ピルは避妊以外にも効果がある? ピルと聞くと避妊するために服用するイメージがあると思いますが、実は避妊以外にも有用な効果があります。 女性の体は無駄な排卵をしてしまうと、疲労やストレスを受けたり、老化を早めてしまったり、排卵によって卵巣の細胞が傷つき、がんのリスクが高まるなどの危険が伴います。 月経や排卵は体の中で起こる自然な働きではありますが、このような体内の働きを止めることで、女性の体としての老続きを読む





この記事が書かれた日:2018年03月03日

カテゴリ:低用量ピル

卵巣がんの予防について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は卵巣がんの予防についてお伝えします。 ◆ピルと卵巣がんの関係 女性がピルを使用するときは、避妊するために使用するものというイメージがあると思いますが、2008年に発表された研究データからピルの使用は卵巣がんを予防するのに効果があるということが発表されました。 ほとんどの先進国で卵巣がんが減少しているにも関わらず、先進国の中ではピルの使用率が低い日本では、年々卵巣がんが増加傾向にあります。その要因としてピルの普及率の低さが関わっていると考えられています。続きを読む





この記事が書かれた日:2018年02月24日

カテゴリ:低用量ピル, 卵巣がん

高プロラクチン血症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は高プロラクチン血症についてお伝えします。 ◆高プロラクチン血症とは? まず、プロラクチンとは「乳腺刺激ホルモン」と呼ばれる脳下垂体から分泌されるホルモンで、母乳をつくるために欠かせないホルモンです。 本来であれば出産後に多く分泌されるホルモンですが、出産や授乳をしていないのにプロラクチンの数値が高い状態のことを高プロラクチン血症と言います。 プロラクチンの数値が高くなると、排卵障害や黄体機能不全による月経不順などが起こり、不妊の原因となります。 自覚症続きを読む





この記事が書かれた日:2018年02月17日

カテゴリ:高プロラクチン血症

ブライダルチェックについて

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はブライダルチェックについてお伝えします。 ◆ブライダルチェックとは 主に妊娠・結婚を控えている女性を対象とした婦人科検診を含む健康診断のことです。妊娠や出産に影響がある疾患がないか、普段症状が見られない場合であっても、あらかじめチェックすることで早期発見・早期治療によって無事に妊娠・出産を迎えられるようにすることを目的に行われているのがブライダルチェックです。 主な検診内容は子宮や卵巣の状態を超音波で検査し、内膜症や筋腫の有無や程度などを調べる、子宮が続きを読む





この記事が書かれた日:2018年02月10日

カテゴリ:ブライダルチェック, 婦人科一般, 検診

1 2

PAGE TOP