1. トップページ
  2. ブログ
  3. 子宮内膜症について

ブログ

子宮内膜症について

田渕レディースクリニック横浜市の田渕レディスクリニックです。
今回は子宮の病気である子宮内膜症についてお伝えします。

◆子宮内膜症ってどんな病気?
子宮内膜症とは、子宮の内側をおおっている内膜と子宮内膜以外の場所に内膜とよく似た組織ができる病気です。
この内膜は子宮以外の場所に発生した場合でも、ホルモンの影響で月経のたびに子宮内の内膜同様増殖し、はがれて出血を起こします。
子宮内膜ではがれた組織や血液は、月経として膣から排出されますが、それ以外の場所で内膜がはがれた場合には血液は体外に流れ出ることができませんので、炎症や癒着を起こし てしまうのです。
子宮内膜症の症状子宮内膜症は強い月経痛をともない、月経のたびに痛みが増していくのが特徴ですが、病巣が発生する場所や大きさ、癒着の状態などによって痛みには違いがあり、感じ方の個人差も大きいです。月経痛を伴うことが多いですが、なかにはまったく自覚症状のない人もいます。
子宮内膜症が起こる原因は今現在はっきりわかっておらず、月経のある女性ならばだれでも子宮内膜症になる可能性があるといえます。
また経験する月経の回数が多いほど子宮内膜症の発症率は高くなるので、初経の年齢が下がって妊娠や出産の回数が減ることや、月経の止まる期間が短い現代の女性は子宮内膜症を発症しやすく、患者数は年々増え続けています。

◆子宮内膜症の痛みや月経時の特徴
・市販の鎮痛薬を飲んでも強い痛みを感じる月経痛がある
・吐き気や頭痛を伴うことがある
・月経痛が年々ひどくなる
・経穴量が多く、期間も長くなる
・月経時以外にも下腹部に痛みがある
・排便時に肛門より少し奥まった部分が痛む
・月経前後にお腹が張る感覚がある
・膣の奥に突き上げるような性交痛がある
症状や痛みの特徴を知っていることは子宮内膜症の早期発見に役立ちます。
ただの月経痛とがまんしないで、気になる痛みがあったらクリニックを受診しましょう。

この記事が書かれた日:2017年09月29日

カテゴリ:子宮内膜症

PAGE TOP