1. トップページ
  2. ブログ
  3. 月経困難症について

ブログ

月経困難症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。田渕レディースクリニック
今回は月経困難症についてご案内いたします。

月経困難症ってどんな病気?
月経中に日常の生活に支障が出るような強い症状がある場合、月経困難症とされます。主な症状としては下腹部の強い痛み、腰痛、頭痛、吐き気、むくみ、眠気、不眠などが挙げられます。
月経困難症は「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」のふたつに大きく分けられます。

◆機能性月経困難症
特に体には異常がないのに、体質などによって症状が起こるものが機能性月経困難症です。二種類ある月経困難症の内、多くの人がこちらの機能性月経困難症のタイプです。
子宮を収縮させる働きのある生理活性物質であるプロスタグランジンの生産過剰が、月経痛を引き起こす原因のひとつです。若いときには子宮や卵巣の未成熟、我慢できない腹痛子宮頚管が細長く狭いといったことも月経痛の原因となります。
ほかにも冷え症で血行が悪いことや、ストレスといった精神的なことも症状を重くします。

◆器質性月経困難症
子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因となって症状が起こるものを器質性月経困難症といいます。月経痛の痛みが急に強くなったり、だんだん痛みが増す、鎮痛薬を3~4日も飲まないと我慢できないほど強い痛みがあるといった場合には、器質性であることが疑われます。

改善するためには
月経困難症の痛みをやわらげるには鎮痛薬を用います。「毎回鎮痛薬を服用すると、薬が効かなくなるのでは?」と心配な方もいると思いますが、月経痛の間に用いるくらいの量や回数なら問題ありません。
痛みがひどくならない内に鎮痛薬を飲んで、痛みを緩和させるほうが効果的といえます。
入浴やストレッチを行うなど全身の血行をよくすることは症状を抑えるのに効果があります。また生活習慣の乱れはホルモンバランスも乱れることに繋がるので、規則正しい生活を心がけることも大切です。
器質性の場合は、原因となっている病気を治療することがいちばん重要です。

この記事が書かれた日:2017年06月17日

カテゴリ:下腹部の痛み, 月経

PAGE TOP