1. トップページ
  2. ブログ
  3. 子宮がんのひとつ「子宮頸がんについて」

ブログ

子宮がんのひとつ「子宮頸がんについて」

横浜の皆さま、こんにちは!! 田渕 レディース クリニック院長 の田渕 です。incho
前回は性感染症「梅毒」についてご案内させていただきました。
今回は子宮がんの一つ「子宮頸がん」についてご案内いたします。

子宮がんには、子宮の入り口付近にできる「子宮頸がん」(子宮膣部がん)と子宮の奥にできる「子宮体がん」(子宮体部がん・子宮内膜がん)のふたつがあります。
このふたつは同じ子宮がんでも、がんとしての性質や発症の原因などは大きく異なっており、子宮頸がんの死亡率が減少する一方、子宮体がんによる死亡率は増加しています。

子宮頸がんsikyu
子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分から発生します。子宮の入り口付近に発生することが多いので、診察での観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんとも言えます。ですが、発見が遅れて症状が進行すると治療が難しくなるので、早期発見が極めて重要といえます。
子宮頸がんは40代から50代の女性に一番多く発生していますが、20代や30代で子宮頸がんになる人もいます。最近は20代での子宮頸がんが多く発見されるようになっており、これは子宮頸がんが性交渉と深く関係していることが大きな原因です。
子宮頸がんの発生には、ヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)というウイルスの感染が原因のひとつとみられており、これは性交渉で感染することが知られているウイルスです。子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されることが知られています。
子宮頸がんの死亡率の減少も、がん検診の普及によって早期発見が増えていることが原因と考えられています。
性交渉を持つようになれば、誰でも子宮頸がんになる危険性があるのだという認識を持ち、性交渉を持った後に少しでも不安があれば、積極的に検診を受けましょう。
初期の子宮頸がんは、普通は全く症状がありません。ですが特に症状がなくても、2年に1回は子宮がん検診を受けることが早期発見の大きなポイントです。

子宮頸がんの症状としては
●月経中でないときや性行為の際に出血する
●普段と違うおりものが増える
●月経血の量が増えたり月経期間が長引く
などがあり、少しでも気になる症状がある時は、ためらわずに早めに受診することで早期発見につながります。
早期に発見することができれば、子宮頸がんは比較的予後のよいがんです。

472098検査・治療
一般的に、最初は細胞診を行い、がんの可能性がある場合には精密検査として コルポスコープ (拡大鏡)で子宮頸部を観察しながら小さい組織を採取し、生検 (組織を切り取り検査) を行い診断されます。
がん検診のときは通常細胞診のみを行いますが、細胞診の結果がんが疑われたときには様々な精密検査を行い、
治療には手術(外科療法)、放射線療法、抗がん剤(化学療法)、免疫細胞療法などで治療を行います。
初期のがんの手術では、子宮頸部の異常な組織を取り除くと同時に、精密な診断を行う目的で円錐切除術が行われることが多いです。

この記事が書かれた日:2016年09月16日

カテゴリ:おりもの, 子宮頸がん, 感染症, 生理

PAGE TOP