1. トップページ
  2. ブログ
  3. 妊娠の初期症状について2

ブログ

妊娠の初期症状について2

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は前回に引き続き妊娠の初期症状についてお伝えします。 妊娠初期症状の特徴 ・胸の張りや痛み 妊娠すると女性ホルモンが急増し、黄体ホルモンによって乳腺や乳管が活性化したり、血液量を増やす働きによって胸の張りや痛みが生じます。 月経前などに胸の張りを感じる人がいますが、妊娠している場合の胸の張りは月経前より強く張る、強い痛みを覚える場合があります。 ・腰痛 妊娠初期症状とは関係のない場合もありますが、着床すると分泌されるリラキシンというホルモンによって腰痛が続きを読む





この記事が書かれた日:2018年06月15日

カテゴリ:妊娠, 腰痛

妊娠の初期症状について1

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は妊娠の初期症状について2回に渡ってお伝えします。 ◆妊娠の初期症状って? 妊娠してから0~15週(1~4か月)の間にあらわれる体調や精神的な変化を、妊娠初期症状と呼びます。 0~4週は妊娠超初期と言われる妊娠しているかどうかの判断がまだ出来ない時期で、この時期でも妊娠初期症状はありますが、変化に気が付かない場合が多いです。 妊娠初期症状としての様々な変化を感じやすくなるのは、妊娠してから5~6週頃と言われており、この頃になると自覚症状として身体の変化を続きを読む





この記事が書かれた日:2018年06月09日

カテゴリ:おりもの, 妊娠

淋菌感染症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は淋菌感染症について再度お伝えします。 ◆淋菌感染症とは 淋菌感染症(淋病)は、淋菌による細菌感染症で、性器クラミジア感染症についで多い性感染症です。淋菌は弱い菌で、粘膜から離れると数時間で感染性を失い、日光、乾燥や温度の変化、消毒剤で簡単に死滅します。 男女ともに感染、発症する性感染症で、潜伏期間は2~数日ですが、女性の場合はおりものが増加する程度でほとんど自覚症状がないため、性 器クラミジア感染症と同様、感染が長期化して、不妊や子宮外妊娠の原因になり続きを読む





この記事が書かれた日:2018年06月02日

カテゴリ:性感染症

尿路感染症について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は尿路感染症についてお伝えします。 ◆尿路感染症とは 腎、尿管、膀胱、尿道など、尿路における細菌の感染症を尿路感染症といい、膀胱の粘膜に炎症が起こる「膀胱炎」と腎盂および腎実質が炎症を起こしている「腎盂腎炎」があります。 20~40代の女性に多く見られるのは、発症が急で症状が強い急性膀胱炎と腎盂腎炎です。 女性は男性より尿道が短いことや、尿道口から肛門までが近いことから、細菌が外部から侵入し、尿道をさかのぼることによる感染(上行性感染)が起こりやすいとい続きを読む





この記事が書かれた日:2018年05月26日

カテゴリ:腎盂腎炎, 膀胱炎

性器ヘルペスについて

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は性器ヘルペスについてお伝えします。 ◆性器ヘルペスとは 単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスによって発症する感染症 で、デリケートゾーンに水ぶくれのようなものができ、発熱や痛みを伴います。 主な感染経路は性感染によるもので、性器や口内に単純ヘルペスウイルスを持っている人との性的接触により感染します。 性器ヘルペスは感染しても多くの人は症状が出ず、自身が性器ヘルペスに感染していることに気が付きません。ですが症状が出ていなくても感染しており、ほかの人にう続きを読む





この記事が書かれた日:2018年05月19日

カテゴリ:性器ヘルペス

月経の量や状態について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は月経の量や状態について再度お伝えします。 ◆正常な月経の量 自分の月経の量や期間について、疑問に思ったことがありますか?月経の量が多いか、少ないかは、自分ではなかなか判断しにくいものですね。 年齢や月経日数の関係によって変化し、そもそも個人差自体とても大きいものですが、一般的には一回の月経期間の出血量は平均で50~60gだといわれています。 これはだいたいナプキン20枚程度の量になり、月経期間は3~7日であれば正常だといえます。ほかにも月経開始の1~2続きを読む





この記事が書かれた日:2018年05月12日

カテゴリ:婦人科一般, 月経

ニキビとピルの関係

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はニキビとピルの関係についてお伝えします。 ◆ホルモンとニキビの関係 ニキビができる、肌が荒れる人や、多毛で悩んでいる人はホルモンバランスの崩れが原因と考えられます。 原因の一つに男性ホルモンによる「過剰な皮脂分泌」があります。男性ホルモンが活発になると皮脂が分泌され、それが原因でニキビができてしまうのです。 これに対し、ピルを服用することで女性ホルモンを増やし、ホルモンバランスを変化させて 男性ホルモンの作用を減少させると、ニキビを改善できる場合があり続きを読む





この記事が書かれた日:2018年05月05日

カテゴリ:ピル

ピルによる月経の変更について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回はピルによる月経の変更についてお伝えします。 旅行や試験、仕事といった大切な用事がある日に、月経が重なるのを避けたいと思うことは月経のある女性ならば多いことでしょ う。 こうした際にピルを服用することで、月経の起こるタイミングを早めたり、逆に遅めたりす ることができます。今回はピルを使って月経の変更を行う方法についてお伝えします。 ◆月経をピルでコントロールできる理由 まず、ピルを服用することでなぜ月経のタイミングをコントロールできるかについてご説 明し続きを読む





この記事が書かれた日:2018年04月28日

カテゴリ:ピル, 月経

性器の気になる症状について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 今回は性器の気になる症状についてお伝えします。 ◆外陰部のかゆみ、痛み 性器のかゆみや痛みは多くの人が経験します。外陰部は汗やおりものなどで湿気やすく、通気性の悪い下着でむれたり、ナプキンがこすれることでかぶれたりしがちです。 外陰部がかゆくならないように予防するには清潔な状態を保つことが一番です。外陰部がかゆくなったら、ぬるま湯程度の温度のシャワーで洗い流すようにしましょう。またこの際に膣内部まで洗ってしまうと、膣内部に備わっている自浄作用を低下させてしま続きを読む





この記事が書かれた日:2018年04月21日

カテゴリ:かゆみ

妊娠中の歯科治療の注意点について

横浜市の田渕レディスクリニックです。 妊娠中の歯科治療の注意点についてお伝えします。 ◆妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい? 妊娠するとホルモンバランスが変化し、口内に菌が増殖しやすくなることから、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなっています。またつわりなどの影響により歯磨きをおろそかにしてしまったり、安静にしている状態から間食をついしてしまうなど、口内の環境を悪化させてしまうことが多くあります。 妊娠中であっても、歯医者に行くことは可能ですので、虫歯や歯周病になりやすいことを考えると、体調が良けれ続きを読む





この記事が書かれた日:2018年04月14日

カテゴリ:妊娠中

1 2 3 4 5 88

PAGE TOP